top of page
  • 執筆者の写真Admin

2024.01.28【東徹 国会通信】

1.東徹より一言



一昨日、1月26日に第213回通常国会が召集されましたが異例の幕開けとなりました。本来なら、13時から天皇陛下を参議院にお迎えしての開会式の後、衆参で首相を含む政府4演説(所信表明)が行われます。


ところが今回は、それが行われず、週明けの29日(月)に予算委員会を開催、「政治とお金」の集中審議が行われた後、翌30日(火)に政府4演説が行なわれ、31日(水)から2月2日(金)が代表質問というスケジュールになります。


「沈みゆく日本」というか「衰退する日本」を一日も早く、「成長する日本」に変えてゆかないと間に合わなくなる・手遅れになってしまうという焦りが募るばかりです。


そんな中で、またまた自民党の政治とお金の問題を審議しなくてはならないというのは、何とも情けない限りです。「いい加減にしろ自民党!」と憤りしかありません。


世間的には「政治 = 悪」「政治家 = 悪人」というイメージではないでしょうか。有権者から見れば「政治資金パーティー = 悪」というイメージが浸透しており、維新の中でも、これからも政治資金パーティーをやり続けるのかどうかについて大議論の最中です。


これだけ政治に信頼が無くなれば、一度、企業団体献金禁止は勿論のこと、政治資金パーティーまで廃止した方が、国民から信頼されると私は考えます。


勿論、「政治にお金はかかる」とよく言われますが、「お金のかからない政治」を維新は目指すべきです。過去の維新のキャッチフレーズにもあったように、「古い政治を壊し、新しい政治つくる」が維新の目指すべき道です。


この「政治不信の嵐」を乗り越えるには、「政治資金パーティー廃止」しかありません。


過去の「リクルート事件」の出来事から、政治家への企業団体献金を禁止した代わりに政党交付金として315億円が税金から各政党に支払われております。これは、企業団体献金廃止をするために出来た制度なのです。


ところがどっこい、政党や政党の支部への献金はOKと例外的な抜け道を設け、国民の目をずっと欺いてきておったのです。


一度、全てを無くし、完全に廃止してしまうべきです。


そして「政治とお金」の審議だけでなく、「成長する日本」にはどうするのか、行動を起こしていかなくてはなりません。



東 徹




2.各種情報のご紹介


① セーフティネット保証2号の発動

ダイハツ工業株式会社及びダイハツ九州株式会社と直接・間接的に一定程度の取引を行っており、一定の売上等が減少することが見込まれる中小企業者等を対象として、一般保証とは別枠の限度額で融資額の100%を保証するセーフティネット保証2号が、1月26日に発動されました。


つきましては、市町村長によるセーフティネット保証2号認定を受けられた方は、大阪府の制度融資「経営安定サポート資金」のご利用が可能です。


<経営安定サポート資金(経営安定資金)の制度概要>


【融資対象】:市町村長により、セーフティネット保証1号から6号の認定を受けた方

【融資限度額】:2億円(うち、無担保8,000万円)

【融資期間】:7年以内(据置期間は12か月以内、運転資金は据置期間6か月以内)

【融資利率】:金融機関所定

【信用保証料】:0.9%(セーフティネット保証5号は0.8%)

詳しくは、金融機関、大阪信用保証協会、商工労働部中小企業支援室金融課まで


② 大阪・関西万博の経済波及効果(レポート)

一般財団法人 アジア太平洋研究所が、大阪・関西万博の経済波及効果についての最新のレポートを1月24日に公表しました。


最新データを踏まえた試算と、拡張万博の経済効果についても論じられています。レポートのpdfファイルは、以下のリンク先よりDLが可能です。


【大阪・関西万博の経済波及効果】

-最新データを踏まえた試算と拡張万博の経済効果-

ご参考になれば幸いです


③ ワラウオオサカ(大阪国際文化芸術プロジェクト)

大阪の文化芸術の魅力発信を強化する「大阪国際文化芸術プロジェクト」の一環として、このたび、大阪が誇る笑い(コメディ)をテーマとしたプログラム「ワラウオオサカ」が2月9日(金)~11日(日・祭)に実施されます。


「なんば広場」をメイン会場にした「ストリートコンテンツ」、また、周辺のYESTHEATER、道頓堀ZAZAでは「シアターコンテンツ」、といったように世界各国で行われ、歴史を持つフリンジスタイルフェスティバルです。詳しいプログラムは、以下のリンク先(特設ページ)をご覧ください。


【ワラウオオサカ】


3.YouTube動画の紹介

東徹のYouTubeチャンネルに、新しく公開された動画たちです。お時間の許す際に、是非ご視聴ください。


① 2024.01.19【会計責任者だけでなく議員にも責任が及ぶ制度に】



② 2024.01.17【能登半島地震と大阪万博について】


③ 2024.01.11【自由民主党刷新本部会議初会合 期待できぬ論点】


☆☆ おことわり ☆☆

本記事は、東徹メールマガジン「東徹国会通信」 でも配信いたしております。東徹の国会での活動を、毎週メールでご報告させていただきます。ご希望の方は、​メールマガジン配信登録ページで、項目をご記入の上、「送信」ボタンを押してください。受付確認メールを事務所より差し上げ、ご確認いただいた後配信を開始させていただきます。


参議院議員 東 徹 事務所 

〒559-0012 

大阪市住之江区東加賀屋4-5-19

TEL:

06-6681-0350

FAX:

06-6681-0316

メール:


YouTubeチャンネル:

Facebook:

twitter :

@toru_azuma

公式Line:


Comentários


bottom of page