2018 高崎神社夏越祭

2018.7.21~22日 東徹の氏神様、高崎神社の夏越祭の宵宮と本宮が行われました。

2018.07.21 
地元・住之江区 敷津浦の氏神様=高崎神社の夏越祭の宵宮。
東徹も氏子の一人として布団太鼓の巡行に参加しました。
べいら・べいらの掛け声に、房をブンブン揺らしながら、太鼓台が勇壮に進んでゆきます。

2018.07.22 
高崎神社・夏越祭の本宮です。
東徹は、午前中に行われた神事に、氏子の役員の一人として参拝しました。
さあ、次は夕方は本宮の布団太鼓台巡行です。

2018.07.22 
夕方からは高崎神社・夏越祭本宮の太鼓台巡行、太鼓台保存会の名誉会長でもある東徹も担ぎ手にまざり進みます。
休憩の際、沿道で迎えてくれる地域の皆さんとの交流も楽しい時間です。
老いも若きも、女性も男性も、一つの事に皆が力を合わせる大行事・祭、地域社会にとって本当に素晴らしい宝です。

34
34
24
24
21
21
8
8
10
10
13
13
27
27
25
25
29
29
4
4
14
14
20
20
17
17
18
18
12
12
11
11
1
1
6
6
5
5
7
7
789.PNG

御鎮座180年

​高崎神社ホームページ

http://www.takasakijinja.com/

2017 高崎神社夏越祭

2017.7.22~23日 東徹の氏神様、高崎神社の夏越祭の宵宮と本宮が行われました。


22日の宵宮と23日の本宮では神輿巡行や布団太鼓巡行が行われ。各日安全祈願の神事の後、神輿は各町内へ、そして布団太鼓は房をぶんぶん揺らしながら、勇壮に太鼓台が神社から出立し巡行を行いました。また、23日には午前10時より『夏越の大祓』が執り行われました。拾遺集にも「水無月の夏越の祓へする人は千歳の命延ぶ」と詠まれた古式ゆかしい神事で、穢れを人形(ひとがた)に託し、ヨシの茅輪をくぐり心身を清めて頂き、年末まで気を引き締めてまた新たな気持で過ごせるようにお祈りしました。

布団太鼓保存会の名誉会長を務める東徹、伝統ある布団太鼓の継承と更なる発展のため努めて参ります。